「介護予防指導士」を取得しました!

いつもご覧いただきありがとうございます。

 

年始のご挨拶からブログ更新が滞ってしまいました><

年明け何かとバタバタ忙しく・・・

皆さんもそんなせわしい日々を送っているのではないでしょうか。

 

そんな中で、先日3日お休みをいただき、東京にて資格取得のための研修を受けてきました。

「介護予防指導士」

多くの方が元気に老後を過ごせるように、現在介護を必要としている人だけでなく、元気な方をも対象として専門的な知識と技能をもって介護予防を指導する資格です。

高齢者の方々が要介護状態にならないための運動方法やストレッチ法、その他予防方法を専門的に学びました。

 

皆さんは「健康寿命」という言葉を耳にしたことはありますか?

日本は長寿国といわれ、平均寿命は80歳を超えてきています。

しかし、そのうち介護や身体的に何か不自由を感じずに過ごせる年齢の平均は70歳前後といわれ、単純に計算しても10年間もからだの不調を感じながら過ごすことになってしまいます。

健康寿命とは、「自立した生活を送れる期間」と定義されていますが、

要するに、元気に健やかに自分で動いて食べて生活できる期間ということです。

介護予防は、健康寿命に大きく関わりのあるものなのです!

 

 

ときわ台接骨院では現在、ケガをした人や慢性的な身体の不調に対して施術を行っています。

しかし今後は、「ケガにならないように」「慢性的な身体の不調が出ないように」、

予防に重点を置いた活動をしていきたいと思っています。

そのためには今回取得した介護予防指導士もそうですが、さまざまな知識や技術を学んでいく必要があると感じています。

来ていただいている患者さんが元気で豊かな生活を送れるように努力していきたいと思いますので、これからもときわ台接骨院をよろしくお願いいたします。

 

富士吉田市の地域密着型接骨院 ときわ台接骨院

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL