オズグッド-シュラッター病(スポーツ盛りの小中学生に多い)

いつもご覧いただきありがとうございます。

 

みなさんの家族や友達のなかで膝のお皿の下がボコッと出っ張っているのを見たことないでしょうか?

これは「オズグッド-シュラッター病」(オズグッド)という骨端症の症状です。

 

高校生くらいまでの子供はまだ骨が未発達です。簡単にいうと骨が固い部分と柔らかい部分が混在している状態です。特に骨の末端の部分は骨を縦方向に伸ばす役割の軟骨がありそれを「骨端成長軟骨板」といいます。この部分に障害が出ることを骨端症というのです。

 

骨端症の中でも膝の下に起こるのがオスグッドで、小学校高学年から中学低学年で、スポーツを活発に行っている子に多いです。

 

オスグッドが出る場所には、膝を伸ばす「大腿四頭筋」がくっついています。スポーツなどで膝の屈伸運動が繰り返されると、筋肉に牽引力によって軟骨部分が引っ張られます。それと同時に骨も成長期で急激に伸びているので両方の作用で軟骨に負荷がかかり炎症が起きます。成長期が過ぎると症状は治まるのですが、ひっぱられたことによって脛の骨の隆起が残ってしまいます

 

運動をした後に痛みが出るので、大腿四頭筋の緊張を取るマッサージやストレッチなどでケアをしてなるべく運動を継続しながらの治療を行っていきます。

ちょうどスポーツを熱心に取り組んでいる時期なのでお子さんもつらいと思いますが、ときわ台接骨院では一緒に成長期の痛みを乗り越えられたらと思いますので、ぜひご相談ください。

 

これからもよろしくお願いします。

 

富士吉田市の地域密着型接骨院 ときわ台接骨院

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL