ポパイの力こぶ

いつもご覧いただきありがとうございます。

 

先日来院された患者さんで、70過ぎの年配の方が肩が痛くて来院されました。肩や腕を診察すると、両方の力こぶがムキっと出ていました。まるでキャラクターのポパイの力こぶみたいです。

これは鍛えてそうなったのではなく、力こぶの筋肉である「上腕二頭筋」の腱が断裂したことでなってしまいます。

 

上腕二頭筋は、長頭と短頭があり、長頭の腱が肩の前側で摩擦されることで切れてしまいます。

特に中高年の方に多く、重いものを持ったり、力を入れた際に切れることが多いです。切れると筋肉が縮こまって一つの場所に集まります。それがポパイのこぶみたいなので「ポパイサイン」と言ったりもします。

 

切ってしまった場合は一般的には手術はしないでそのままにするケースが多いです。なぜかというと、上腕二頭筋は長頭と短頭があるので片方が切れてしまっても、もう片方でカバーできるので、日常生活に支障がないためです。スポーツ選手だとつなぐ手術をする場合もあります。

 

今回の患者さんも普段力仕事が多く、それぞれ別のタイミングで昔切ってしまって特に治療はせずにそのままにしていたようです。しかし仕事内容は変わらないため、残された上腕二頭筋短頭に負荷がかかり肩周辺が痛くなってしまったのです。

 

切れてしまった場合は早期に固定をして炎症、痛みを抑えて、早い段階で日常生活に復帰させることで他の筋力を落とさずにすることが大事だと思います。

 

ちょっとしたお悩みでも気軽にご相談ください。

これからもよろしくお願いします。

 

富士吉田市の地域密着型接骨院 ときわ台接骨院

 

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL