手のしびれ②

いつもご覧いただきありがとうございます。

 

前回は手根管による正中神経の障害についてお話しましたが、

今回は日常生活の中で意外と多い症状の「橈骨(とうこつ)神経」の障害についてお話します。

 

橈骨神経は脇の下から出てきて、上腕骨の後ろから側方をまわり、手の先のほうに走行しています。

 

これが障害されると手の甲の親指側がしびれます

さらに圧迫がひどいと手首と指が伸ばせなくなります。この状態を「下垂手」といいます。

 

神経障害は神経が圧迫されることで起こります。

橈骨神経は腕の使い過ぎなどで起こることは少なく、

・同じ姿勢で長い時間、腕が何かに圧迫してしまったとき

・夜寝ていて腕が体の下敷きになってしまったり、誰かと寝ていて腕枕をしていた時 など・・・

この場合は神経を傷つけているわけではないので、圧迫がとれて時間がたてば自然に回復する場合が多いです。

 

しかし突然朝起きたらしびれて、手が動かないとパニックになってしまう方もいらっしゃるので、もしこのような状況になってしまった方は、早めに相談していただければしっかり判断、処置を行いますのでご安心ください。

 

これからもよろしくお願いします。

 

富士吉田市の地域密着型接骨院 ときわ台接骨院

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL