筋膜性疼痛症候群(MPS)

  1. いつもご覧いただきありがとうございます。

接骨院に来院される患者様が訴える症状で多いのは、首肩、腰などの慢性的な痛みです。

しかし患者様としては、ケガなどの痛くなった明確な理由がわからず、病院にも行ったけど「レントゲンには異常はない」「血液検査も問題ない」「痛みの原因がわからない」などといわれて困って来院される方が多いです。

近年、検査で異常がない原因不明と言われた痛みが「筋膜性疼痛症候群(MPS)」によるものが多いことがわかってきました。

筋膜性疼痛症候群とは、筋・筋膜に過度な負担(ケガや疲労)がかかることで、筋・筋膜に強い緊張をきたし、血流が障害され、痛みが発生するものです。画像検査や血液検査などをしても異常所見が認められないのに、筋、筋膜及び周囲の軟部組織にうずく様な痛みや凝りを主症状とする疼痛疾患群をこのようによんでいます。

筋膜性疼痛症候群は、筋肉が存在する所であれば全身どこにでも起こりうるものですが、好発部位として、背骨を支えて姿勢を保つ筋肉(抗重力筋)に起こりやすいと言われ、後頭部、首、肩、背部、腰部の痛みが症状として多いです。
すなわち、一般的によく聞かれる「頭痛」「肩こり」「腰痛」という訴えの多くが、この症候群に起因していると言われています。

この症候群の特徴は、筋肉の中にしこりがあり、そこを刺激すると、そこから離れた場所に痛みが起こります。このしこりが先日お話した「トリガーポイント」と呼ばれるものなのです。

痛みの引き金であるトリガーポイントを除去する施術をすることで症状を改善することができます。

トリガーポイント治療では、実際に痛みの訴えがある場所と一見関係なさそうな、離れた場所を施術する場合があります。それは、離れた場所にトリガーポイントができるからなのです。

実際に、病院やクリニックでもトリガーポイントや筋膜に直接注射して、症状が改善することが実証されています。

接骨院では注射をすることはできませんが、触診で痛みに関係するトリガーポイントを探り、手技療法や電気療法で直接アプローチしていきます。

長年つらい症状でお悩みの方はぜひ一度お話を聞かせてください。

患者様それぞれの症状に合った施術を提案させていただきます。

これからもよろしくお願いします。

 

富士吉田市の地域密着型接骨院 ときわ台接骨院

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL