足のしびれ(梨状筋症候群)

いつもご覧いただきありがとうございます。

 

当院に来院される患者さんの中で、よく腰が痛くて足がしびれるという症状を訴える人が多くみられます。

その中には、すでに病院で検査を受け「椎間板ヘルニア」や「脊柱管狭窄症」と診断されて治療を受けてきたが良くならず当院に来る患者さんもいます。

本当にヘルニアや狭窄症が原因で痛み・しびれが出ているのであれば、完治させるためには手術を選択しなければいけませんが、実際の原因がその2つでない場合が実はかなり多いのです。

 

まず、ヘルニアや狭窄症の場合は、脊柱の中にある脊髄や神経根と呼ばれる神経の根っこが椎間板や骨棘で圧迫されることによって痛みやしびれが生じます

治療としては、原因となっている椎間板や骨棘を取り除く手術をすることで良くなっていきます。

病院などでは、腰が痛くて足にしびれが出るとヘルニアや狭窄症をまず疑います。その上でレントゲンを撮り画像診断するのですが、その際に背骨と背骨の間が狭まっていたり骨の棘が見えたりすると、それだけでヘルニアや狭窄症と診断されてしまうケースが多いのです。でも実際は、画像ではそう見えても、実は圧迫していないことが多々あります。その場合はいくら手術しても改善するのが難しいのです。

 

では実際に何が原因で痛みやしびれが出ているのか

骨盤周りの筋肉の緊張によって、筋肉の間を通っている神経が締め付けられることでしびれや痛みが生じます。

これを絞扼性神経障害(こうやくせいしんけいしょうがい)と言います。

その中で、特に多いのがお尻の奥の梨状筋が坐骨神経を刺激する梨状筋症候群です。

 

梨状筋症候群も椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症も坐骨神経領域に痛みやしびれが起こりますが、梨状筋症候群は坐骨神経の流れにそって太ももの裏から足のすね、指先にかけて全体的にしびれる場合が多いのに対し、脊柱が原因で起こっているものは神経根の支配領域しかしびれない(例:すねのみ、太ももの裏のみ)のが特徴です。脊柱から症状が出ているものは、腰を動かした際に明らかに腰から響く痛みやしびれが強く出ます。

 

長い説明になってしまいましたが、要するに、背骨が原因でない症状に対して、いくら背骨にアプローチをしても良くはならないということなのです。

足のしびれが出る前に腰の痛みが生じることが多いですが、腰の痛みをかばうことによって、お尻周りの緊張が強くなり梨状筋症候群を引き起こしてしまうのです。

 

 

ときわ台接骨院では、足腰の動きや痛みやしびれの範囲、強さなどをもとに総合的に判断していきます。梨状筋症候群の場合は、梨状筋自体の緊張をとらなければならないので、そこに直接電気や温熱療法、微弱電流施術、手技療法、ストレッチなどを行い、早期改善に導いていきます。長いこと腰や足のしびれ・痛みにお悩みの方はぜひご相談ください。

 

これからもよろしくお願いいたします。

 

富士吉田市の地域密着型接骨院 ときわ台接骨院

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL