高い鎮痛効果と即効性が期待できる機器(ソーマダイン)について

いつもご覧いただきありがとうございます。

前回は「筋膜性疼痛症候群」についてお話ししましたが、筋、筋膜にアプローチをする際に非常に有効な治療機器を当院では使用していますので紹介したいと思います。

微弱電流治療器「ソーマダイン」です。

スポーツの現場でも使われており、レスリング金メダリストの吉田沙保里選手や大相撲の稀勢の里、フィギュアスケートの村上佳菜子選手など、たくさんのプロスポーツ選手が愛用しています。

無痛、無感で副作用もなく、お年寄りから子供まで安心・安全に使用することができ、ひどいケガや痛み、頑固な慢性症状でお悩みの方はぜひ使用したい機器になります。

ときわ台接骨院では、このソーマダインを使用する場面が多いのですが、
「この機械はどういう種類の電気なの?」
「どんな効果があるんですか?」
「なんでビリビリしないんですか?」
「どんな理屈で治るんですか?」
など質問されることがあります。


接骨院や整形外科などでよく見かけることがある電気治療機器ですが、ひとことで電気といっても、電気の種類はさまざまです。

代表例をあげると「低周波」「高周波」「干渉波」などがあります。

そして、ソーマダインは「微弱電流」という電気を使います。

微弱電流は、別名「生体電流」ともいわれています。

元々からだの中には微弱な電流が流れています。

その電流は、からだを構成するたんぱく質の生成の促進や疲労物質の分解を早めたりして、からだを自己修復しています。

しかし、強い炎症などの痛みの場合、自己修復が追いつかなくなることで、この生体電流が流れなくなってしまいます。

この、追いつかなくなった生体電流と同じ電流を流すことができるのがソーマダインになります。

前置きが長くなりましたが、
ソーマダインは、痛みの原因となっている筋肉の血流に微弱電流を直接流すことによって、自己修復能力を高めることができる医療機器です。

一般的な電気は、皮膚感覚的にビリビリ感じたりするのですが、微弱電流は体内で流れているものと同じものなので、違和感なくほとんど何も感じません。

そして、ソーマダインの強みはその即効性にあります。

ぎっくり腰や頭痛肩こりなどの筋・筋膜性の痛みに対しては、トリガーポイントに直接電流を流し筋肉の血流を良くすることで、即効性の高い鎮痛効果があります。

怪我に対しても、患部の炎症を早期に抑える効果があり、競技や仕事への早期復帰が期待できます。

なので、
・患部を触れないほど痛みや症状が強い場合
・ケガで腫れがひどい場合
・アスリートの方
などに広く使用できます。

ただし、ペースメーカーの方は禁忌となっており使用できませんが、お年寄りから子供まで安心・安全に使用することができます。

痛み、ケガなどでお悩みの方はお気軽にご相談ください。

これからもよろしくお願いします。

 

富士吉田市の地域密着型接骨院 ときわ台接骨院

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL