交通事故による「むち打ち」

いつもご覧いただきありがとうございます。

 

最近来院される患者さんのなかに、

過去に交通事故に遭いそれから体の違和感や痛みが残っている人が何人かいらっしゃいます。

自分が気をつけていても、相手の不注意で起きてしまう交通事故。特に山梨県は車社会ですので、交通事故に遭う確率は多いのかもしれません。

 

交通事故で特に多い症状が「むち打ち」です。

正式には、「むち打ち損傷による頸椎捻挫」という表現が正しいかもしれません。

 

追突された瞬間に首から上が強く後ろに反らされます。続いてその反動で前にも首が振られてしまいます。この時に重い頭がついた頚椎が鞭のように振られ、頚椎を捻り、周りの筋肉、神経などが損傷するため「むち打ち損傷」による「頚椎捻挫」といいます。

 

受傷直後は症状が少ないことが多く、徐々に炎症が強くなり、首の痛み、可動域制限、ひどい場合は腕から手にかけてしびれがでることもあります。炎症が落ち着いた後は、ひどい肩こりみたいな症状、頭痛が出る場合もあります。

 

ときわ台接骨院では、受傷後最初の1週間は患部の炎症を抑えるために、アイシング、患部の固定などを行います。手技療法は強い刺激になってしまうため控えますが、微弱電流治療器「ソーマダインアクシー」などの低刺激で即効性のある機械で施術することで炎症、痛みを最小限に抑えることができます。

炎症が引いた後は、患部の再生を促進するために、電気施術、温熱施術、手技療法を症状に合わせて行い、早期の治癒を目指します。

症状が少なくても早い段階で治療を開始することが、結果的に治癒までの期間を短くすることにつながります。

 

ときわ台接骨院では、交通事故の施術に関しては、病院との併診も可能ですのでご安心ください。事故の手続きなど治療以外のことでもお悩みでしたら気軽にご相談ください。

 

これからもよろしくお願いします。

 

富士吉田市の地域密着型接骨院 ときわ台接骨院

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL