Sever病(シーヴァー病)10歳前後のお子さんに多い!?

いつもご覧いただきありがとうございます。

 

先日、オズグッド・シュラッター病という骨端症についてお話しましたが、

今回はかかとに起こる骨端症を紹介します。

踵(かかと)の骨端症をSever病といいます。

 

10歳前後の子供が踵(かかと)の後ろ側に痛みを訴えたときはSever病を考えます。

 

踵の後ろ側には、アキレス腱がついています。運動を活発に行っていると、ふくらはぎからアキレス腱の緊張が強くなり、踵の後ろが引っ張られて骨端に炎症が起こるのです。

基本的には安静にしていれば自然に治癒するのですが、小さいお子さんはたくさん遊びたいですし、運動もいっぱいしたいと思います。

 

ときわ台接骨院では、なるべく痛みを緩和させながら、スポーツを無理のない範囲でしていただきたいと考えています。電気治療やホットパック、手技療法、ストレッチを駆使して痛みの改善のためのサポートをしていきます。

病院などで骨端症と診断されてお悩みのかたは気軽にご相談ください。

 

これからもよろしくお願いします。

 

富士吉田市の地域密着型接骨院 ときわ台接骨院

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL